循環とは滞りがなく、常に流れ、自然界の雨のように絶えず新しい状態で巡っている事です。

雨は川となり、海に出て蒸発し、雲となり、再び雨を降らせる。巡り巡る中で浄化され、きれいな状態を保ち続けことで、草木などの自然を潤すのです。

例えば経営で言えばPDCA(計画、実行、点検、改善)サイクルをまわすことで売上を上げることができ、お客様、そしてその先の社会を豊かにすることができるのです。

循環を生み出すためには「因果」「変化」「熱量」3つの視点が必要です。