調和とは矛盾がなく、バランスがとれ誰もが何もかもが心地よい状態です。

それは人と人との関係や役割、モノや仕組みなどあらゆるものが一番良い状態の事を示します。

例えば近江商人の「売り手よし・買い手よし・世間よし」という「三方よし」のように関わる全ての人が”よかった“と思える状態になることです。

調和を生み出すためには「全体」「役割」「関係」3つの視点が必要です。