2018.02.26

事業ステージをアップさせる3つのポイント『3』


こんにちは。
株式会社鶴の今井です。

本日は「事業ステージをアップさせる
3つのポイント」の2つめ


「2.「自社らしさ」を発揮する。」


についてご説明します。

・事業を更に成長させたい。
・管理職のマインドを変え、固定概念を
 外したい。
・人が育つ仕組みをつくりたい。

という経営者の方は必見です。

――――――――――――――――――

まず自社らしさを語る前に前回お伝えし


「事業責任者の“自分らしさ”」

を活かさない限り、事業はうまくいかな
いとお伝えした内容をご説明します。

※前回の「1.事業軸を活用する。」
 はこちらから
 http://tsuru.in/jigyouup3point-2/


弊社ではその人「らしさ」を


「その人の才能が発揮された状態」


と、定義しています。
そして、その発揮は“良し”と“悪し”
2つの発揮の仕方があり

「自然体」だと良く発揮され、
「利己的」だと悪く発揮されます。

★より詳しく「らしさ」を見る場合は
 こちらの図式をご覧ください。

https://goo.gl/HfBnTL


例えば私を事例に出すと
ある先輩から「突破力が君の才能だ」
と言われました。しかし、

自然体:打開し先に進む。
利己的:相手の気持ちを無視して
    突っ走る。(孤立する)

と、2面性も同時に指摘されました。

つまり、私の才能を見極めながらも
その発揮の仕方では良くも悪くもなる
と、指摘してくれたのです。

このようにすべての人は自分の“才能”
を持っており、それをどのように発揮
するかで事業への貢献度合いが変わって
きます。

そのため、事業責任者がその人らしく
事業をマネジメントしないと、事業への
意欲も薄れ、ストレスになり、事業に
ブレーキがかかってしまうのです。

また、会社自体も
「組織風土」「フィロソフィー」「雰囲気」
と言った、「自社らしさ」を持っており
自社の強み=才能がどこにあるのかを
見定め、良い方に発揮するために
「自社らしさ」に磨きをかけなければ
なりません。


では、どのように磨きをかけるかという
と、


「組織内で人が育つ仕組みを整える」
 (人が磨かれ育つ仕組み)

をつくるしかありません。
これについては次回の


「3.人が育つ仕組みを整える。」


で、詳しくお伝えします。

――――――――――――――――――
★“らしさ”を発揮したい方必見!
――――――――――――――――――

【事業ステージをUPさせる
      自律的組織のつくり方】


と、いうセミナーを開きます。
このセミナー内で“らしさ”について
詳しい解説とワークを行い、ご自身の
“らしさ”を紐解いていきます。

詳細はこちらから

http://ptix.at/Uebru3


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 5分で簡単!グラフでわかりやすい!        

 “無料”Web経営診断はこちらから!

 http://tsuru.in/check/    

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

株式会社鶴 www.tsuru.in